スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

イーサン・ホーク、「俳優になるつもりはなかった」

  1. 2005.10.13 (Thu) 23:23
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
イーサン・ホーク
   
   

 1989年のヒット作『いまを生きる(Dead Poet’s Society)』で一躍人気者となったイーサン・ホーク(Ethan Hawke)だが、この作品に出演するまでは本気で俳優になろうとは考えていなかったという。

 当時ホークは、ニューヨーク大学の文学部で学ぶことに専念するつもりだった。しかし、『いまを生きる』のトッド・アンダーソン役が高く評価され、その直後から魅力的なオファーがいくつも舞い込み始めたため役を断ることが出来なくなったという。

 「俳優として生活するよりは大学に戻りたかった。でもあの映画が成功してからというもの、興味深い役や様々な場所に行けるチャンスに恵まれた。その結果、他の道に進むのが馬鹿らしくなったんだ」とのこと。


[Contact Music] 10/13/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。