スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ジョージ・クルーニー、「パパラッチ規制」よりも「言論の自由」

  1. 2005.10.11 (Tue) 23:32
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
ジョージ・クルーニー
   
   

 ジョージ・クルーニー(George Clooney)は、パパラッチと闘うことで「自由」に関わる議論を巻き起こす恐れがあると懸念している。

 クルーニーは過剰なまでにつきまとうパパラッチに対してでも無視することで対抗すべきで、法で縛り彼らの言論の自由を奪うことは良くないことだと考えている。

 リース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)やキャメロン・ディアス(Cameron Diaz)といったセレブの面々が、パパラッチと称される有名人を被写体とする写真家に対する規制強化を望んでいるのに対し、著名なレポーターであるニック・クルーニーを父に持つクルーニーは、このような活動が続けば「言論の自由」に対し悪しき先例を作ることになる可能性があるとし、「パパラッチは確かに嫌な奴だよ。何か馬鹿げたことを仕出かすのを待ち構えているか、誘いかけるんだ。例えば、空港で近づいてきて「あなたが一緒にいるあの太った女性は誰です」という類の質問をしてね。でも彼らの行動を規制するよりは引き受けることにするよ。規制をするのは危険なことだと思うし、おかしな方向へ進んでいくきっかけを作ることになるかもしれない。不愉快なこともたくさんあるし、落ち込むこともある。でも、報道の自由を信じている者にとっては、こんなことは自由を規制されることに比べたら大したことはないよ」と述べている。


[Female First] 10/11/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。