スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

パッツィ・ケンジット、メル・ギブソンとのラブシーンにがっかり

  1. 2005.10.05 (Wed) 23:21
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
パッツィ・ケンジット
   
   

 英国女優パッツィ・ケンジット(Patsy Kensit)が、1989年に『リーサル・ウェポン2(Lethal Weapon 2)』でメル・ギブソン(Mel Gibson)とセックスシーンを演じたときのことを語った。彼女によると、ギブソンは終始冷め切った様子だったため、非常にがっかりしたという。

 ケンジットはこのシーンで上半身ヌードを披露するはめになったのだが、どうやらギブソンはそこまでの熱意はなかったようだ。彼女は、「その場に固定されていただけよ。私はこのラブシーンのために胸を見せたのに、彼はおざなりな態度だったの。だから私は彼のことを見もしなかったわ」と述べている。が、その一方で「それでも彼のキスは良かった」とも告白している。


[Contact Music] 10/4/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。