スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

パッツィ・ケンジット、「私はロック界を生き抜いた」

  1. 2005.09.30 (Fri) 23:42
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
パッツィ・ケンジット
   
   

 オアシス(Oasis)のリアム・ギャラガー(Liam Gallagher)の元妻パッツィ・ケンジット(Patsy Kensit)は、ロックスターとの結婚を切り抜け自分の人生を取り戻したことを誇らしく思っているという。

 『リーサル・ウェポン2(Lethal Weapon 2)』への出演で知られる彼女は、現在英国のソープオペラ『エマーデイル(Emmerdale)』で活躍中だが、リアムとの結婚生活が彼女のキャリアと幸福を終わらせるのではないかと恐れていたという。

 「私にとってはあまり良い時期ではなかったわ。あの場所から別の場所に抜け出せたのよ。あの狂気を切り抜けられてラッキーだったと思う。ロックンロールという熱い炎で火傷を負ったのよ」。

 しかし、ケンジットは二人で過ごした時間はとてもエキサイティングだったとも語っており、「旅のようなものだった。お互いしか見えなくて、まるでブライアン・ジョーンズ(Brian Jones)とアニタ・パレンバーグ(Anita Pallenberg)みたいな関係だった。とても快楽主義的だったわ」とのこと。


[Contact Music] 9/29/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。