スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

『風と共に去りぬ』、いまだ去らず。 歴代興行収入トップ10

  1. 2005.09.12 (Mon) 23:03
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
クラーク・ゲーブル&ヴィヴィアン・リー
   
   

 『風と共に去りぬ(Gone with the Wind)』は、今でも全米ボックスオフィス史上最高の収益をあげた作品として語り継がれている。

 英国映画専門誌スクリーン・ダイジェストによると、これはインフレなどを考慮に入れ収益高を計算し直した結果によるもので、映画館の観客動員数が最も多かった1940年代の作品はトップ10には一作品も入っていないという意外な結果となっている。

1. 『風と共に去りぬ(Gone with the Wind)』 (1939)

2. 『スター・ウォーズ(Star Wars)』 (1977)

3. 『サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)』 (1965)

4. 『E.T. The Extra-Terrestrial』 (1982)

5. 『十戒(The Ten Commandments)』 (1956)

6. 『タイタニック(Titanic)』 (1997)

7. 『ジョーズ(Jaws)』 (1975)

8. 『ドクトル・ジバゴ(Dr. Zhivago)』 (1965)

9. 『エクソシスト(The Exorcist)』 (1973)

10. 『白雪姫と七人の小人(Snow White and the Seven Dwarfs)』 (1937).


[Movieweb] 9/8/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。