スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

エヴァン・ダンドゥ、麻薬のマジックが素晴らしい音楽を生み出す

  1. 2005.08.30 (Tue) 23:35
  2. 音楽
  3. Trackback(s). 0
エヴァン・ダンドゥ
   
   

 エヴァン・ダンドゥ(Evan Dando)は、子供の頃のヒーローたちが麻薬常用者だったことで、その真似をしたのが麻薬を始めた理由だと語っている。

 レモンヘッズ(Lemonheads)のボーカリストのダンドゥは、1990年代のバンドの最盛期にクラックとヘロインを常用するようになったという。麻薬だけがインスピレーションを与えてくれたと述べた彼は、現在も何の後悔もしていないとしている。

「どの麻薬についても後悔はしていない。麻薬が良いものだと思ってるわけじゃないけど、やるとクリエイティブで生産的になるのは間違いないよ。99パーセントの麻薬は無駄なものだけど、残りの1パーセントときたら…。僕が敬愛する大部分の人たち、サミュエル・テイラー・コールリッジ(Samuel Taylor Coleridge)、E.W.イエーツ(E.W. Yeats)、ジョン・コルトレーン(John Coltrane)、マイルス・デイビス(Miles davis)、ジェームズ・ブラウン(James Brown)、それにアルコール中毒のアンディ・ウォーホール(Andy Warhol)だって麻薬常習者だった。彼らに起きたようなマジックが自分にも起こるかどうかを知りたくて、10歳になるまでに麻薬を試そうと決めていたんだ」。


[Contact Music] 8/26/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。