スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

『アイランド』が不調のスカーレット・ヨハンソンに心強い味方が登場

  1. 2005.08.25 (Thu) 00:09
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
スカーレット・ヨハンソン
   
   

 英国ベテラン俳優ブライアン・コックス(Brian Cox)が、『アイランド(The Island)』のチケットの売れ行きが悪いのはスカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)の演技の拙さが原因だとしする『アイランド』のプロデューサーたちを批判している。

 59歳のコックスは、映画会社の重役が「質の悪いテレビの女優だってもう少しオーディエンスに感銘を与えることが出来る」と公然とヨハンソンを非難していることに非難、去年ウディ・アレン(Woody Allen)監督の『マッチ・ポイント(Match Point)』で共演した時のことを思い出し、「彼らがヨハンソンを非難しているのが信じられないよ。全く持って不当な扱いだ。彼女はまだ若いにもかかわらず素晴らしい役者だよ。彼女と一緒の仕事は本当に楽しかった。とても才能があるし、知っているように今ではウディ・アレンのミューズなんだから」とヨハンソンを絶賛、擁護している。


[Contact Music] 8/22/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。