スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ニック・モーラン、名声を得て友人とは何かを知った

  1. 2005.08.23 (Tue) 23:37
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
ニック・モーラン
   
   

 『ロック、ストック&ツー・スモーキング・バレルズ(Lock, Stock and Two Smoking Barrels)』に出演したニック・モーラン(Nick Moran)は、名声がもたらした変化を楽しんでいるといい、理由として、彼に誰が本当の友達であるかを教えてくれたからだと述べている。

 俳優兼脚本家のモーランは、ガイ・リッチー(Guy Ritchie)の初監督作品に出演したことで生活が激変したことを認めている。「初め自分は変わったつもりはなかったんだけれど、突然あちこちから招待を受けるようになってすっかりこのまやかしの派手な世界にどっぷりつかることになってしまったんだ。僕の周りも変化したね。友人たちに恨まれたり、冷たくされたりもした。おかげで誰が本当の友達で、誰がそうじゃないのか判断できるようになった」と、周囲の変化の方が大きかったと強調している。

 また、モーランは傲慢な人物だと評判でもあるが、人々は彼の一面しか見ていないと弁明、「自分が頭でっかちだって事は分かっているよ。生意気で下品なのは『ロック、ストック』に出る前からだ。でも、ほとんどの人に対しておとなしくチャーミングにしていたって、たった一人に嫌な奴だと思われたらそれがあっという間に定説になってしまうものだよ」と語っている。


[Contact Music] 8/19/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。