スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ブライアン・ジョーンズは殺害された!? 再捜査開始!!

  1. 2005.08.16 (Tue) 23:48
  2. 音楽
  3. Trackback(s). 0
ブライアン・ジョーンズ
   
   

 ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の伝説的メンバー、故ブライアン・ジョーンズ(Brian Jones)の死因に関する疑念が再燃している。これはブライアンが借金14,000ドルを巡っての争いの末に殺害されたことを示唆する証拠が見つかったため、警察が再調査に乗り出したことによるもので、ジョーンズは1976年7月、27歳の時にイースト・エセックスの農家付近で溺死したことになっている。

 今回彼の死に関する150ページに及ぶ事件記録が公表されるにあたり、ジョーンズの当時の恋人パット・アンドリュース(Pat Andrews)が検死のために彼の遺体を掘り起こして欲しいと要求、「新しく発見された証拠を考えると再調査を行うことは警察にとってもメリットがあるはず」と述べている。

 また、ジョーンズに関する映画『ワイルド・アンド・ウィックド・ワールド・オブ・ブライアン・ジョーンズ(The Wild And Wicked World of Brian Jones)』を監督したスティーブン・ウォレイ(Stephen Wolley)も、ジョーンズは知人のフランク・ソログッド(Frank Thorogood)と未返済の借金を巡って口論となり、その結果ソログッドに殺害されたとの見方をしている。ウォレイ監督は、「これは、かなり複雑な話だよ。ソログッドがある朝突然ブライアン・ジョーンズの殺害を決意したといったような話ではないんだ。殺害にいたるまでには色々根深いものがある」と語っている。


[Contact Music] 8/14/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。