スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

マルコム・マクドウェル、シリアル・キラー作品を制作

  1. 2005.08.14 (Sun) 23:45
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
マルコム・マクドウェル
   
   

 『時計仕掛けのオレンジ(A Clockwork Orange)』のアレックス役でおなじみのマルコム・マクドウェル(Malcolm McDowell)が、初のプロデュース作品でスコットランドに実在するシリアル・キラーの映画化に挑む。

 この作品は、1970年代に5人を殺害したアーチボルド・ホール(Archibald Hall)を題材にしており、出演もするマクドウェルによると、とても笑える作品となっているのだという。

 「ホールは色々な意味で素晴らしいキャラクターだ。俳優としても演じ甲斐のある役で、だからこそ私は長い間この企画を暖めてきたんだ。『パルプ・フィクション(Pulp Fiction)』にあったように、殺人の後にハンバーガーを食べながら雑談を交わすようなシーンがあり、観客は大笑いすると思う。この作品で描かれている日常性は受け入れてもらえると思うよ」と語っている。


[Contact Music] 8/11/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。