スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ジョナサン・デミ、ニール・ヤングのライブ映画を監督

  1. 2005.08.10 (Wed) 23:53
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
ニール・ヤング
   
   

 パラマウント・クラシックスがジョナサン・デミ(Jonathan Demme)が監督する、ニール・ヤング(Neil Young)の二日間のステージ・パフォーマンスを題材とした『プレイリー・ウィンド(Prairie Wind)』の配給権を獲得した。

 作品はデミ監督のプロダクションであるクリニカ・エステティカと、トム・ハンクス(Tom Hanks)、ゲイリー・ゴーツマン(Gary Goetzman)所有のプレイワンの共同制作となる。

 パラマウントの重役たちは、ニール・ヤングが8月18、19日にナッシュビルのライアン・スタジアムで初披露する新曲を聞かずして契約を結ぶことを決定したといい、このヤングの新曲は9月27日発売のニール・ヤングの新しいアルバム『Prairie Wind』に収録されることになる。

 撮影監督は『エターナル・サンシャイン(Eternal Sunshine of The Spotless Mind)』のエレン・クルス、衣装はエルビス・プレスリー(Elvis Presley)の作品やクリント・イーストウッド(Clint Eastwood)の「名もなき男」のイメージ作りの一旦を担ったマニュエルが担当する。


[Variety] 8/8/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。