スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ケリ・ラッセル、アドリアンヌ・シェリー監督作に出演

  1. 2005.08.06 (Sat) 23:25
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
ケリ・ラッセル
   
   

 『フェリシティの青春(Felicity)』のケリ・ラッセル(Keri Russell)が、ナイト&デイ・ピクチャーズが制作を手がけるアドリアンヌ・シェリー(Adrienne Shelly)監督インディ作品『ウェイトレス(Waitress)』に主演することが濃厚になった。

 今年後半に撮影開始となるこのロマンティック・コメディは、愛のために完璧なレシピを求めるパン職人の物語で、アリー・シディ(Ally Sheedy)が主演した『アイル・テイク・ユー・ゼア(I'll Take You There)』を撮り終えたばかりのシェリー監督自らが脚本を手がけている。

 シェリー監督はハル・ハートレイの『アンビリーバブル・トゥルース(The Unbelievable Truth)』や『トラスト・ミー(Trust)』に役者として主演したこともある。

 ラッセルはこの他にも、最近公開されたニューラインシネマの『アップサイド・オブ・アンガー(The Upside of Anger)』、そして現在撮影中の『ミッション:インポッシブル3(Mission: Impossible 3)』にも出演する。


[Variety] 8/1/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。