スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

パリス・ヒルトン、破局説浮上

  1. 2005.07.27 (Wed) 23:31
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
パリス・ヒルトン
   
   

 2週間前には2ヶ月以内に挙式をあげると発言していたパリス・ヒルトン(Paris Hilton)とパリス・ラトシス(Paris Latsis)だが、今月初旬に1ヶ月間のバケーションでギリシャに滞在する間に、その状況に暗雲が立ち込めてきたようだ。

 この旅で二人の間は険悪なムードとなり、ヒルトンは憤然としたまま婚約者の元を立ち去り帰国の途についたといい、ラトシスの父親は、「彼女はいなくなったよ。二人は諍いを起こして彼女は帰ってしまったんだ。私の息子は結婚するには早すぎるよ。まずは、勉学に励むべきだ」と述べている。

 ある関係者は、揉め事の原因を作ったのはラトシスだとしており、その結果、休暇に旅立って二週間余り、パリス・ヒルトンの24歳の誕生日を待たずして破局したようだと述べている。

 ラトシスはかなり動揺しているというが、一方彼の親族は安堵しているのだという。ラトシスと親しいある人物は、「ラトシスは彼女に恋をしているが、彼の家族はこれっきりにして欲しいと願っている。もし結婚するとしても数年後になるだろうが、それは彼女の計画外だからね」と述べており、挙式の計画の吹聴や5億円ともいわれる婚約指輪をひけらかすヒルトンを苦々しく思っていたラトシス家は、「二人が別れたようで嬉しく思っている」と本音を漏らしている。

 ヒルトンは1981年に故ダイアナ妃とチャールズ皇太子が挙式をしたセイントポール・カテドラルでの挙式を望んでいるというが、しかしながらここでの挙式は王族にしか許可されていないため彼女の夢はどのみち叶わない。「彼女は羽目をはずしすぎたんだよ。そんな彼女を見て、ギリシア人たちは身がすくむ思いをしたんだ」と関係者はコメントしている。

 一方ラトシスは、推定資産価値75億ドルを誇る家業の海運、及び金融事業を継ぐため現在UCLAにて勉強中。これまで彼の父親は、表向きは息子の婚約者に対して温和な態度を示していたが、7月4日の初対面の際には彼女に対し冷ややかだったといい、ラトシスの母親も「彼女はいい娘だけれど結婚は認められない」と語っており、ヒルトンと一緒に写真を撮られることすら拒んでいたという。

 ヒルトンは破局については否定しているが、二人は話すらしていない状態で、今週末に仲直りをするのかどうか様子を見る必要がありそうだ。


[Star Magazine] 7/24/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。