スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

トム・ペティ、レッチリ盗作問題を語る

  1. 2006.06.30 (Fri) 01:04
  2. 音楽
  3. Trackback(s). 0
トム・ペティ
   
   

 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)の盗作に関し剽窃された側のトム・ペティ(Tom Petty)は、問題はたいしたことではないとし、穏便に収めることを示唆している。

 現在レッチリは彼らの新曲『Dani California』がペティの『Mary Jane's Last Dance』に、「コード進行、メロ、テンポ、そしてキー。さらに詩のテーマまでそっくり」だと米ラジオ番組DJのダン・ガフニーを中心とした人々に盗作の疑いで糾弾されている。

 問題発覚後からペティが法廷へ出るのではないかと噂されていたのだが、当の本人は、曲が一音一音そっくりならば話は別だが、そんなことは起こり得ないと断言している。

 「どう考えても悪意をもって成されたとは思えないな。そもそもロックの曲はどれも似たり寄ったりだ。チャック・ベリー(Chuck Berry)に訊いてみなよ。ストロークス(The Strokes)は『American Girl』をパクって『Last Nite』を作ってる。以前に何かでインタビューを目にしたんだが、彼らはそれを認めていた。オレは大笑いしたよ。『いいぞ、よく認めたな』ってなもんだ。誰かが悪意を持ってオレの曲をそのまんまパクったりしたなら訴訟もあるかもしれない。まぁ、裁判なんぞ端っから信用してないんだ。それにいまさらオレたちがポップソングを巡って争わなくても、この国は十二分に下らない訴訟で溢れているよ!」


[Contact Music] 6/29/2006

トム・ペティ、再びソロに
『レッド・ホット・チリ・ペッパーズ』でサイト内検索

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。