スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

キッドマンとアーバン、結婚!

  1. 2006.06.26 (Mon) 01:32
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
ニコール・キッドマン&キース・アーバン
   
   

 ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)とキース・アーバン(Keith Urban)の代理人が二人の結婚を発表した。

 結婚式は本日25日、日の入り直後にシドニー、マンリーのセレッティ枢機卿記念礼拝堂で行われ、ラッセル・クロウ(Russell Crowe)ヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)ナオミ・ワッツ(Naomi Watts)ルパート・マードック(Rupert Murdoch)らが参列した。

 花嫁の介添え人はキッドマンの妹アントニア、ブライドメイドを13歳になる娘のイザベラが、フラワー・ガールをアントニアの娘がそれぞれ務め、新郎側の介添え人は、アーバンの弟シェーンとアーバンの初ソロアルバムのプロデューサーで長年の友人でもあるマーロン・ホールデンが務めた。

 キッドマンが着用したウエディングドレスはバレンシアガのニコラ・ゲスキエール(Nicolas Ghesquiere)の手によるもので、キッドマンの顔は誓いの言葉を述べる瞬間までベールに隠されたままだったといい、ロウソクのともし火に包まれた式場は白いフリージア、クチナシ、カーネションで飾られていた。

 ゲストの一人は、「ニコールは教会に向かう車の中でずっと涙を浮かべていたし、式の間もベールに隠された顔を何度も拭っていた。本当に感動的な美しい式で、ふわっととした純白のベールをつけたニコールはこの世の人とは思えないくらい優雅だったよ。キースも彼女を見た瞬間には涙を浮かべていた」と話し、別の招待客も、「ベールが取り除かれたとき、キースは妻の体をつかんで長く情熱的なキスをした。それまで静寂に包まれていた式場が、まるでサッカーの試合みたいにどよめき立ったよ。それでもニコールとキースはそこには二人しか存在していないかのごとく見詰め合っていた。二人は本当に愛し合っているんだね。最高の式だった」と述べている。

 また、巨大なシャンデリアに真紅のカーネーションを吊り下げ、テーブルも真っ赤なバラで飾るなどの趣向を凝らした「情熱と赤」をテーマにした披露宴では、ジャックマンとクラウデッド・ハウス(Crowded House)ニ-ル・フィン(Neil Finn)による演奏が行われた。

 キッドマンとアーバンの二人は、「私たちを祝福してくださっているオーストラリアの皆さん、そして世界中の人々に感謝します」との声明を挙式後に発表している。


[People] 6/25/2006

『ニコール・キッドマン挙式情報』でサイト内検索

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。