スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ベスランの虐殺描く作品、制作早すぎるとの批判に反論

  1. 2006.06.14 (Wed) 00:40
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
ベスランの大虐殺
   
   

 2004年のロシアのベスラン学校占拠事件を描く作品に対し、陰惨な事件をドラマ化するには時期尚早との声が大きくなってきている中、プロデューサーのマシュー・ホブス(Matthew Hobbs)が反論を展開している。

 ホブスは、公開に対する反発を考慮してあるとし、犠牲者やその親族たちは安心して欲しいと述べ、この作品が児童186人を含む344人の犠牲者たちへのメモリアルとなると信じているという。

 「初めはこのテーマでの作品作りに躊躇いを感じた。しかし、メディアや観客もこのフィルムを観たら、我々がいかに気を使って制作したか分かってもらえるおもう。この事件を忘れてはいけないという思いが入っている作品なんだ」。


[Contact Music] 6/13/2006

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。