スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ヒュー・グラントとジュード・ロウの主演争い

  1. 2006.06.11 (Sun) 23:54
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
スティーブン・スプリエール
   
   

 英国のワイン狂スティーブン・スプリエール氏が仕掛け世界を驚愕させた、1976年のパリで行なわれたワインの試飲会を描いたジョージ・タベル(George Taber)の著作『Judgment of Paris: California vs. France』がクリア・ピクチャーズ・エンターテイメントによって映画化が決定、主演としてヒュー・グラント(Hugh Grant)ジュード・ロウ(Jude Law)の名があがっている。

 ワイン専門誌デカンタのコンサルタント・エディターを務めるスプリエール氏は、ブラインド・テイスティングによってカリフォルニア産のブドウがフランス産のブドウよりも優れていることを証明し、ヨーロッパのワイン専門家の鼻を明かしたことで知られる人物だ。

 「制作会社からお話がありました。ヒュー・グラントかジュード・ロウが私を演じることになるらしいですね。ビックリです」と話すスプリエール氏は、先日1976年の試飲会を再現、今回も多くの人々の予想を覆し、再度カリフォルニアがフランスを負かす結果となった。


[Contact Music] 6/10/2006

『ヒュー・グラント』でサイト内検索
『ジュード・ロウ』でサイト内検索

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。