スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ビリー・ジョエル、「最前列はファンのもの」

  1. 2006.06.02 (Fri) 00:52
  2. 音楽
  3. Trackback(s). 0
ビリー・ジョエル
   
   

 コンサートの最前列にでっぷり太った金持ちが座っていることに我慢できないというビリー・ジョエル(Billy Joel)が、「最前列は熱狂的なファンのために空けておくように」とのお達しを出した。

 会場の最前列の座席に深々と座り込み彼の演奏を眺めているだけの肥満体の名士たちの姿を見るのはウンザリだというジョエルは、最高の席はファンで埋め尽くされることが当然だとし、「ああいった男は女連れでやって来ては、『さあ、ピアノマン、やって見せろよ』と言わんばかりで、何の反応も見せないんだ。最後尾では熱狂的なファンが大騒ぎしていることを考えると憂鬱になる。だから、こんな状態はおわりにして、最前列と二列目は販売しないで手元においておけと言ったんだ。チケットはコンサート開演前に後ろの席のファンたちに配ればいい。そうなると最前列はかわいい女の子たちで埋まることになって、すべてが上手く収まるんだよ」と述べている。

 さらにジョエルは、以前一緒にツアーを行った同性愛者のエルトン・ジョン(Elton John)が同様のアイデアを実行していたことを明かし、「禿頭どもが追っ払われたのをこの目で見たよ。コンサートの二日目には、最前列が全員可愛らしい男の子で埋め尽くされていた。エルトンは熱中している彼らの姿を見て本当にご満悦の様子だった」と語っている。


[Contact Music] 6/1/2006

ビリー・ジョエル、「引退はしない」
エルトン・ジョン制作アニメミュージカル、ディズニーからミラマックスへ

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。