スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ポール・サイモン、音楽業界と元凶MTVを批判

  1. 2006.05.28 (Sun) 00:07
  2. 音楽
  3. Trackback(s). 0
ポール・サイモン
   
   

 ポール・サイモン(Paul Simon)が、多くの才能あるミュージシャンを成功から遠ざけているとMTVを非難、多大な影響力を持つ同局は才能を無視しイメージだけを重視していると述べている。

 64歳のシンガー・ソングライターは、見た目が重視される風潮の中では自分など決して成功できなかっただろうとし、「60年代は才能のない奴は音楽ビジネスで勝ち残ることなどできなかった。あの時代にデビューできて運が良かったよ。今は状況がまったく違って、以前よりずっと厳しくなってきた。レコード会社が企業になり、そういった企業が合併を繰り返して大企業に成長した。15のレーベルが5つになり、最終的には3つしか残っていない有様だ。それにラジオ局は全て買収されてしまったしね。つまりは、突発的なヒット曲は二度と出てこないということさ。全てが念入りに仕組まれた筋書きどおりに動くだけ。かつてどれだけ演奏や歌が素晴らしいかが大問題だったのと同じくらい、今ではテレビ写りが問題視されるんだ。MTVの功罪は大きいよ」と述べている。



[Contact Music] 5/26/2006

ジェームズ・カーン、出演作選びの失敗談を語る
映画史上に残る偉大な登場人物トップ10
ケルアックの『路上』の映画化、ついに実現!

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。