スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ヴィゴ・モーテンセン、『Good』で主演

  1. 2006.05.26 (Fri) 00:30
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
ヴィゴ・モーテンセン
   
   

 ヴィゴ・モーテンセン(Viggo Mortensen)が、C.P. テイラー(C.P. Taylor)の戯曲『グッド(Good)』の映画化作品で主演することが決定した。

 ナチス台頭の時代を描く『グッド』の監督はヴィセンティ・アモリン(Vicente Amorin)で、脚本はジョン・ラサール(John Wrathall)が担当し、共演者にはジェイソン・アイザックス(Jason Isaacs)マーク・ストロング(Mark Strong)といった英国俳優が名を連ねている。

 1930年代、ナチに心酔するフランクフルトのドイツ人教授が主人公で、第三帝国を取り巻く熱狂の渦の中、彼はナチのすべてを正当化し家族やユダヤ人の友人たちを裏切り、教育者としての道徳心をも失ってしまった末、アウシュヴィッツでナチ親衛隊の制服に身を包み、邪悪な道へ堕した象徴的な存在となる。

 撮影はベルリンとポツダムにて2007年に開始される。


[Production Weekly] 5/24/2006

ヴィゴ・モーテンセン、クローネンバーグ監督作で再び主演
ヴィゴ・モーテンセンが持ち歩く幸運のお守り
マフィアの抗争描いたコミック、映画化

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。