スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

スパイク・リーの次回作はスリラー作品

  1. 2006.05.25 (Thu) 00:51
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
スパイク・リー
   
   

 スパイク・リー(Spike Lee)が、20世紀フォックスが制作する超常スリラー作品『セリング・タイム(Selling Time)』の脚本の書き直しの契約にサインした。

 先月公開された、デンゼル・ワシントン(Denzel Washington)ジョリー・フォスター(Jodie Foster)主演の『インサイドマン(Inside Man)』を監督したリーは、現在のところ次回作を決定していないことから、自ら監督することを視野に入れながら脚本に取り組むと見られている。

 過去の自分の最悪の日に遡り、その日に起こった出来事を変えるべく、自分の命を売る男を描く作品になるとのこと。


[Variety] 5/24/2006

スパイク・リー、白人至上主義のハリウッドを批判
スパイク・リー、ヒップホップ文化に警鐘
スパイク・リー監督、ハリケーン被害のドキュメンタリー映画制作
スパイク・リーとアリGがNBAを宣伝

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。