スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ワイルド原作『A Woman of No Importance』映画化

  1. 2006.05.24 (Wed) 00:25
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
オスカー・ワイルド
   
   

 アネット・ベニング(Annette Bening)リンゼイ・ローハン(Lindsay Lohan)ショーン・ビーン(Sean Bean)が、オスカー・ワイルド(Oscar Wilde)原作の映画化作品『A Woman of No Importance』に出演することが決定した。

 監督はヤヌス・カミンスキー(Janusz Kaminski)で、この秋に撮影が開始される。

 若く野心的なジェラルド・アーバスノットは雇用主を母親に紹介するが、実はこの人物こそジェラルドの実の父親であり、母を捨てた男だったというストーリー。

 この戯曲の脚色を手がけるのは、共同でプロデュースにも参加している『理想の女(A Good Woman)』のハワード・ハイメルスタイン(Howard Himelstein)


[Variety] 5/22/2006

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。