スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ファース、マッケラン、サランドン、ワイズ、共演へ

  1. 2006.05.22 (Mon) 01:36
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
レイチェル・ワイズ
   
   

 コリン・ファース(Colin Firth)レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)イアン・マッケラン(Ian McKellen)、そしてスーザン・サランドン(Susan Sarandon)が、ボーア戦争を舞台にした政治的スリラー作品『コロッサス(The Colossus)』への出演を承諾した。

 原作はアン・ハリース(Ann Harries)の『Manly Pursuits』で、『ベント 堕ちた饗宴(Bent)』のショーン・マサイアス(Sean Mathias)とマイヤー・タウブ(Myer Taub)が脚本を共同執筆、マサイアスが監督も手がける。

ケープタウンに住む狡猾な植民地開拓者セシル・ローズは病に苦しんでおり、英国の鳥の声だけが彼を救うことができると信じている。その願いを叶えるために雇われた鳥類学者フランシス・ウィルスは、500羽の鳥と共に南アフリカへ渡るのだが、そこでローズのやり方に意義を唱え、対ボーア人反戦活動を行っているオリーブ・シュレイナーという女性に恋をする。やがてウィルスは戦争を回避させるべく危険な計画の中核を担うことになっていく。

 制作予算は1,500万ドルで、この秋の撮影開始を予定してる。


[Variety] 5/20/2006

ブルーム、ファース、『Cathy Come Home』出演へ
コリン・ファース、『ブリジット・ジョーンズ』にはもう出ない
イアン・マッケラン、出演作『ダ・ヴィンチ・コード』を批判
イアン・マッケラン、「イライジャで正解だった」

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。