スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

イアン・マッケラン、出演作『ダ・ヴィンチ・コード』を批判

  1. 2006.05.17 (Wed) 00:24
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
イアン・マッケラン
   
   

 サー・イアン・マッケラン(Sir Ian McKellen)は、『ダ・ヴィンチ・コード(The Da Vinci Code)』に出演はしているものの、あまり作品のファンではないらしい。

 リー・ティービング役を演じているマッケランは、自身の役柄についてもミスキャストだと感じているようで、Comingsoon.netに掲載されたマッケランのコメントによると、「あの本はキャラクターにちょっと深みがないね。プロットだけが読者をひきつけているんだ。普通小説というものは、登場人物の内面を理解していくものだが、この作品は登場人物が興味を示す、レオナルド、キリスト、そしてマリアと、それらを結びつける暗号に詳しくなるだけだ。私の演じたリー・ティービングについても、記述を見る限り私向きではないと思うよ。彼は小柄でぽっちゃりしていて、白髪で、私の考えるところではおそらく頭髪の薄い陽気な人物だ。私はむしろ痩せていて偏屈だからね」とのこと。


[Female First] 5/16/2006

イアン・マッケラン、「イライジャで正解だった」
キャプテン、ガンダルフにお願い
『ダ・ヴィンチ・コード』でサイト内検索

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。