スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ポール・ベタニー、「麻薬中毒の日々は地獄」

  1. 2006.05.10 (Wed) 22:12
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
ジェニファー・コネリー&ポール・ベタニー
   
   

 ポール・ベタニー(Paul Bettany)が、弟の死や両親の離婚といった問題に対し上手く対処できなかったことがドラッグ中毒となった主な原因だったと述べている。

 ベタニーは16歳のときに、木登りをしていてそのままコンクリートの道路に滑り落ちた8歳年下の弟を亡くしており、また彼の両親はその7年後に離婚してしまっている。セラピーによって自分自身を完全に取り戻した34歳のベタニーは、これらの出来事を機に生活が様変わりしてしまい、コントロールの利かない状態に陥ってしまったとしている。

 「この二つの出来事で完全に打ちのめされてしまったんだ。振り切るには十年以上かかると思ってたよ。弟が死んで以来、自分が生き続けていることに罪悪感を感じていたからね。ついにドラッグ無しで生きていけないという状態になった時にセラピーに通い始めて、その後ドラッグから一切足を洗った。麻薬は少しずつ、ゆっくりと僕を壊していくんだが、そういう形で罪を償う必要があると信じていたんだよ」。


[Contact Music] 5/9/2006

ポール・ベタニー、『バットマン』ジョーカー役決定の噂に不安顔
ポール・ベタニー、愚痴るハリウッド俳優らを非難
ポール・ベタニー、ダ・ヴィンチ・コード『サイラス』役に決定
『ダ・ヴィンチ・コード』でサイト内検索

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。