スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

エディ・マーフィー、ビバリーヒルズ・コップ4に出演にサイン

  1. 2006.05.04 (Thu) 02:35
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
エディ・マーフィー
   
   

 LA市警の刑事アクセル・フォリーがスクリーンに帰ってくる。

 エディ・マーフィー(Eddie Murphy)が『ビバリーヒルズ・コップ(Beverly Hills)』シリーズ4作目となる作品出演にサインをしたと報じられている。

 2年前、プロデューサーのジェリー・ブラックハイマー(Jerry Bruckheimer)がプロジェクトから手を引いてからも企画練り続けていたマーフィーだが、ついにこれぞという脚本ができあがったようだ。

 ムービーホール・ネットによると、マーフィーはもう一度基本に立ち戻り1984年の第一作目のような低予算作品で制作する方針を立てているという。

 今作にはジャッジ・レインホールド(Judge Reinhold)ポール・レイザー(Paul Reiser)の出演も噂されており、内容としてはテロを扱った作品になるようだ。

 同サイトによると、最初の脚本は同時多発テロ直後に書かれており、政治を痛烈に批判した脚本であったことが当時制作が棚上げされた原因だとしている。


[Contact Music] 5/3/2006

スパイク・リー、白人至上主義のハリウッドを批判
ドリームワークスの新作映画『Norbit』

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。