スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

シエナ・ミラーに殺害予告

  1. 2006.04.20 (Thu) 00:13
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
シエナ・ミラー
   
   

 殺害予告の書かれた脅迫状を受け取ったシエナ・ミラー(Sienna Miller)が恐怖に慄いている。

 この脅迫状は、テオ・ファン・ゴッホ(Theo Van Gogh)監督による2003年制作のスリラー作品『Interview』のリメイク作に出演するミラーに対する怒りを表明しているイスラム教過激派が送りつけたもの。ゴッホ監督は、議論を巻き起こした問題作『Submission』でイスラム教原理主義者の怒りを買い、2004年に殺害されている。

 現在ニューヨークで撮影に入っているミラーは別の政治団体からも同様の脅迫を受けている。彼女が受け取った脅迫状には、「降板しなければ後悔することになる」との警告が書かれていた。

 クルーの一人は、「シエナはこのような脅しに屈しない。作品はイスラムとは何の関係もない。イスラム原理主義者はテオに捧ぐ作品だからというだけで頭に血が上っているんだよ」と語っている。

 同じく殺害予告を受け取っている共演者で作品の監督も努めるスティーブ・ブシェーミ(Steve Buscemi)は、米国で得れる最高のセキュリティを動員し彼女を護ることを約束している。


[Female First] 4/19/2006

シエナ・ミラー、ジーンズ騒動
シエナ・ミラー、ナイトレイの元恋人と交際
ダコタ・ファニング主演の『シャーロットのおくりもの』撮影風景初公開

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。