スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ジョン・ヴォイト、娘ジョリーの活躍を賞賛

  1. 2006.04.16 (Sun) 01:29
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
ヴォイト&ジョリー
   
   

 ジョン・ヴォイト(Jon Voight)が、不仲状態にある娘アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)を、虚栄だらけのハリウッドの罠に陥らず、彼女の絶大な影響力を恵まれない人々を助けるために捧げていると賞賛している。

 『真夜中のカーボーイ(Midnight Cowboy)』などでおなじみのベテラン俳優ヴォイトは、映画スターをまるで神のように崇める社会にうんざりだとしながらも、その力を重要な課題の解決に行使している娘のことは誇りに思っていると語っている。

 「我々は誰しもが偶像崇拝をすることで十戒を破っている。偶像を創り出すことは良いことではない。映画俳優は成功、大金、名声と世間の注目の中で何をしているかといえば、ただ虚栄心を満足させているだけだ。異常だよ。アンジーはこれを克服する手段を見つけたんだ。原因となるものを断ち切ったんだよ。つまり、名声を人々の助けになるように使っているということだ。普通のハリウッド・スターたちは病気の子供や問題を抱えた人々のために睡眠時間を削ったりしないんだ。『睡眠をとらなければ美容に悪い』とか言ってね。彼らが崇拝するのはそういった美しさだけなんだよ」。


[Contact Music] 4/14/2006

ヴォイト、ジョリー、父 vs. 娘
ジョリー、アニストンのトーク番組出演を批判
ピット、「人権活動はジョリーの影響じゃない」

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。