スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

マイケル・ダグラス、ブラピとジョリーに謝罪

  1. 2006.04.12 (Wed) 00:31
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
マイケル・ダグラス
   
   

 マイケル・ダグラス(Michael Douglas)が、以前雑誌のインタビュー記事に掲載されたブラッド・ピット(Brad Pitt)アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)についてのコメントは誤って引用されたものだと主張、自らを擁護している。

 米GQマガジンのインタビューにおいて、二人の関係は「すぐダメになる」と発言したとされているダグラスだが、先日米TV番組EXTRA!に出演し、この一文は誤って引用されたものだと身の潔白を主張している。

 「記事にはページ制限があったからね。インタビューは20時間だった。だから記者に録音したものを聞かせて欲しいと頼んだのだが、記者は録音していなかったと言うんだ。でも彼は確かに録音していた。だから彼が僕がそんなこと言ってないと知っているはずだよ」。

 問題発言は本当はなかったとするものの、ダグラスは迷惑をかけたとして二人に謝罪文を送ったのだという。

 「ブラッドは良い友人だし、アンジェリーナは僕も関係している国連のために懸命に働いている。発言が誌面に掲載されるときは本当にプレッシャーを感じる。彼らは世間の気を引くために巧い事やるものなんだ。今回のことはついていなかったよ」。


[Contact Music] 4/10/2006

マイケル・ダグラス、ブラピに苦言
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、長続きの秘訣は年齢差
失敗したのは誰? 整形のエキスパート語る

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。