スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

マッカートニー、レノンの高評価にウンザリ

  1. 2006.04.08 (Sat) 00:36
  2. 音楽
  3. Trackback(s). 0
ポール・マッカートニー
   
   

 ポール・マッカートニー(Paul McCartney)はかつてのバンドメンバー故ジョン・レノン(John Lennon)のカルト的ステータスに嫉妬を感じており、レノンは作曲家としての才能を過大評価されていると強く主張している。

 1980年に殺害されたレノンという一人の「天才」のため、マッカートニーは作曲家としての自身の才能の影が薄くなっていることに対して今でも苦々しい思いを抱いているようだ。

 「ジョンがモーツァルトで、ポールはサリエリだとみんなが口を揃えて言っている。ジョンは本当の天才で、僕はいつまでも単にイエスタデイを唄っていただけの男なんだよ」。


[Contact Music] 4/7/2006

ビートルズ、喫煙家だった過去を抹殺
ポール・マッカートニー、ディランの版権購入に「NO」
ポール・マッカートニー、子供時代のアイドルにしどろもどろ
サラ・ジェシカ・パーカー、「息子をポールに会わせたい!」

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。