スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

サミュエル・L・ジャクソンの新作、反響受けシーン追加決定

  1. 2006.03.25 (Sat) 00:11
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
サミュエル・L・ジャクソン
   
   

 サミュエル・L・ジャクソン(Samuel L. Jackson)主演のサスペンス作品『Snakes On A Plane』の制作会社が、同作品に対するインターネット上の映画ファンの大反響を知り、作品をより過激なものにするため追加シーンの撮影を命じた。

 FBIエージェントが飛行機の中に放たれた大量の毒蛇から護送中の証言者を護るという内容で、作品はすでに昨年9月に撮影が終了しており、この夏の公開が決定している。しかし、公開直前のこの時期になり5日間の追加撮影が行われることとなった。

 業界誌ハリウッドレポーターによれば、本作をPG-13指定からR指定に「格上げ」したいと望む配給会社のニューラインシネマは、インターネット上で盛り上がる作品への熱狂ぶりを考えると今回の決定は必要不可欠なものだとして、ジャクソン演じるエージェントの過激な台詞を追加する他、カルト的人気獲得を狙って、血、死体、ヌード、そして蛇の数を増やすことにしたとのこと。


[Contact Music] 3/23/2005

ジョシュ・ハートネットとサミュエル・L・ジャクソン共演へ
サミュエル・L・ジャクソン、タイトル聞いて出演承諾
クレイグ・ブリュワー監督の新作続報

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。