スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ジェニファー・アニストン、リアリティ番組を批判

  1. 2006.03.23 (Thu) 23:55
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
ジェニファー・アニストン
   
   

 ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)が、金持ちや有名人の生活に対し異常なまでの執着心を煽り立てるリアリティ番組を批判している。

 元夫ブラッド・ピット(Brad Pitt)との破局騒動以来、私生活が過剰なまでに世間の好奇の目にさらされてきたアニストン、心底うんざりさせられてしまった彼女はセレブのゴシップに嬉々として飛びつく風潮を異常とし、今やまったくテレビを観なくなってしまったと話している。

 大人気シットコム『フレンズ(Friends)』のレイチェル役で人気を博したアニストンは、「TVから素晴らしいシットコムはすっかり姿を消してしまったわ。『DANCING WITH THE STARS!』、『KNITTING WITH THE STARS』、『BUILDING A HOME WITH THE STARS』、『LIVING IN THE HOMES OF STARS!』みたいに、何もかもが有名人と一緒に何かをしようという番組が溢れてる。こういう番組は、人をけなすか、辱めるか、劣等感を与えてばかり。いったいどうなってるの? 刹那的な満足感しか与えないものばかりで、私を含めた視聴者がそれを求めているというの? とても信じられないわ。だから私はテレビをまったく観なくなった。だってそんな馬鹿らしいものに興味はもてないもの」と最近のTVプログラムの傾向も批判している。

 「悲しいことに世界ではイラク戦争を始めとして悲劇ばかりが起きている。それに比べたら有名人の陳腐な破局話を見ているのは気楽よね。ゴシップは『一息つける』ためのもの、メロドラマと同じで現実逃避だと思う。私にはもう話すことなど何も残っていないし、私についての話題もこれ以上うんざりだわ」。


[Contact Music] 3/23/2005

ジェニファー・アニストン、セラピー療法中?
ジェニファー・アニストン、マックな誕生日

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。