スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

「最低」のオスカー最優秀作品賞受賞作は?

  1. 2006.03.02 (Thu) 00:02
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
No Images
   
   

 米映画誌プレミアの編集者が選んだ、最新版「ワーストオスカー最優秀作品賞受賞作」として『シカゴ(Chicago)』、『オリバー!(Oliver!)』、『マイ・フェア・レディ(My Fair Lady)』のミュージカル三作品が選出された。

 同誌はオスカー特集号で「ベスト/ワーストアカデミー最優秀作品賞受賞作」トップ10リストを掲載、ワースト部門にはこれらのミュージカル三作品の他にも、『アメリカン・ビューティ(American Beauty)』、『80日間世界一周(Around The World In 80 Days)』、『地上最大のショウ(The Greatest Show On Earth)』、『The Great Ziegfield』といった作品の名が挙げられている。

 一方、ベスト部門では、『或る夜の出来事(It Happened One Night)』、『イヴの総て(All About Eve)』、『アラビアのロレンス(Lawrence Of Arabia)』、『アニー・ホール(Annie Hall)』、そしてマーロン・ブランド(Marlon Brando)主演の二作品『ゴッドファーザー(The Godfather)』と『波止場(On The Waterfront)』などの作品が選出されている。


[Contact Music] 2/28/2006

ロバート・アルトマン、オスカー功労賞受賞
スピルバーグ新作『Munich』、オスカー・レースで一番人気に
『SAYURI』、オスカー最有力?
マット・デイモン、オスカーにふさわしいのはオレだった!
映画史上に残る偉大な登場人物トップ10

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。