スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ホアキン、トム・クランシー作品に出演

  1. 2006.02.27 (Mon) 00:01
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
ホアキン・フェニックス
   
   

 オスカー候補のホアキン・フェニックス(Joaquin Phoenix)トム・クランシー(Tom Clancy)原作『Without Remorse 』に出演することになった。

 『ウォーク・ザ・ライン~君につづく道(Walk The Line)』が好評を博しているフェニックスが演じる役は、かつて米海軍特殊部隊SEALに所属していたベトナム退役軍人ジョン・クラークで、死亡とされてた米兵が捕虜となってる事実が判明、彼らを救出するため再びヴェトナムに向かうというストーリー。

 同キャラクターはクランシー原作の『今そこにある危機(Clear And Present Danger)』や『トータル・フィアーズ(The Sum of All Fears)』にも登場しており、リーヴ・シュレイバー(Live Schreiber)ウィレム・デフォー(Willem Dafoe)がそれぞれ演じている。

 以前クランシーは、「この役に望ましいのはトム・セレック(Tom Selleck)」と述べていたが、この元『Magnum PI』の主演男優では少しばかり歳をとりすぎていると思い直し、現在はフェニックスのキャスティングに満足しているとのこと。

 パラマウント・ピクチャーズは、このキャラクターが活躍する作品のシリーズ化を計画しているようだ。


[Contact Music] 2/25/2006

リース・ウィザースプーンとホアキン・フェニックスは犬猿の仲
ホアキン・フェニックス、刑務所へ
ホアキン・フェニックス、共演者との熱愛?

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。