スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ネーブ・キャンベル、「ヌードに抵抗はない」

  1. 2006.02.23 (Thu) 00:12
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
ネーブ・キャンベル
   
   

 ネーブ・キャンベル(Neve Campbell)はインターネットで自分の偽ヌード写真を見るのが楽しみだという。

 『スクリーム(Scream)』シリーズで知られるセクシーなブルネット美人のキャンベルは、彼女の顔が誰かの色っぽい肢体と合成されたヌード写真がお気に入りで、ネットで自分の「ヌード写真」を検索しているといい、英インディペント誌に対し、「誰かに興味を持ってもらえるのは喜ばしいこと。ネットで自分の『ヌード』を見ては、『私の体じゃないのが残念なくらい。でも頭が少し大きすぎね』なんて思っているのよ」と述べている。

 そもそもキャンベルは映画でヌードを披露することに対してさしたる抵抗はないといい、2004年の『*When Will I Be Loved』の時も、カメラの前に裸体をさらけ出すことは少しも苦ではなかったとしている。「必要だと思えば再びヌードになるし、そんなに大したことではないわ。深刻に『よし、ヌードになる心構えはできた!』なんて考える必要はなかった。作品によって必要ならば当然だと思う。ただ、4人のカメラマンと一緒にシャワーを浴びることだけは妙に感じたわ」と語っている。


[Female First] 2/21/2006

*日本未公開です、残念…。

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。