スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ジョージ・クルーニー、「破産が怖い」

  1. 2006.02.20 (Mon) 00:05
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
ジョージ・クルーニー
   
   

 俳優、監督として巨額の富を稼ぎ出している今年のオスカー候補のジョージ・クルーニー(George Clooney)だが、将来的に破産するのではないかと恐れを抱いているという。

 クルーニーは、『ER緊急救命室(ER)』で成功を手にするまで、保険販売員や煙草製造会社で働くことを余儀なくされていた。成功した今でも、この人気をいつまで保てるのかを心配しているといい、ラスベガスにカジノをオープンするなど万一の場合の備えを忘れてはいない。

 「生活のためにタバコを刻んでいたんだ。保険の訪問販売もやったし、破産した人たちがつくような職業は全て経験してきた」という彼は、「以前のような生活に舞い戻る日が来るかもしれないという考えがいつも頭をよぎるんだ。誰もがポール・ニューマン(Paul Newman)になれるわけはないし、60-70歳になっても仕事があるとは限らない。俳優業以外にも仕事を持つのが望ましい」と述べている。

 また、かつて経験した職業について、「保険販売員としての僕は最悪で、客にいつも余計な支払いをしていた。不誠実なことができなかったんだ。タバコ切りの腕は確かで、巻くのもむくのも切るのもかなり早かった。でも喫煙自体にあまり興味が持てなかったけどね」と話している。


[Female First] 2/19/2006

クルーニー、私生活に関してノーコメント
ジョージ・クルーニー、「80年代は最悪の時代」
ジョージ・クルーニー、私財を投じての制作『Good Night, And Good Luck』
ジョージ・クルーニー、子供はいらない
クルーニー、クビ!

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。