スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

スパイク・リー、ヒップホップ文化に警鐘

  1. 2006.02.11 (Sat) 22:58
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
スパイク・リー
   
   

 『マルコムX(Malcolm X)』などで知られる映画監督スパイク・リー(Spike Lee)が、現在のヒップホップ・カルチャーが「売春婦」や「売春斡旋者」のイメージを作り出してるとし、若い世代のアフリカ系アメリカ人への影響を考え警鐘を鳴らしている。

 48歳のリー監督は、昨夜9日にミシシッピー大学で行われた生徒を交えた会合の場でコメント、「僕が子供の頃は周りに売春などに関わりたいというような人間は一人もいなかった」とし、「僕らは懸命な大人たちを尊敬していた。最近は口汚く喋らないとまるで黒人じゃないかのように思われてしまう。他にも煙草を吸っていない、酒を飲んでいないからお前はスラム出身じゃないし、ストリートギャングじゃないだとか。そういった考え方自体が自滅行為だと思う。ストリートギャングだということに心酔しきっているような状態は狂っているよ」と語っている。


[Female First] 2/11/2006

スパイク・リー監督、ハリケーン被害のドキュメンタリー映画制作
スパイク・リーとアリGがNBLを宣伝
スパイク・リー、豪華キャストの新作情報

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。