スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

マライア、グラミーに不満爆発

  1. 2006.02.09 (Thu) 23:56
  2. TV
  3. Trackback(s). 0
マライア・キャリー
   
   

 7日に行われたグラミー賞だが、オープニングを飾る役目を得れなかったことにマライア・キャリー(Mariah Carey)が不満を爆発させているという。最終的に彼女の求めていた栄誉を手にしたのはマドンナ(Madonna)だ。

 今回グラミー8部門にノミネートされているキャリーは、この盛大な音楽イベントの主役の座を是が非でも手に入れようと躍起になっていたといい、関係者がニューヨークデイリーニュースに対し、「彼女は本当にやりたがっていたよ。オープニングでコーラス隊を従えて『We Belong Together』を披露したがっていたんだ」と語っている。

 一方、アニメグループのゴリラズ(Gorillaz)と競演することになったマドンナもオープニングを飾ることにかなり執着していたらしく、彼女が選ばれなかった場合に出演をボイコットすると圧力をかけてきたのだという。

 関係者によると、「マドンナ・マライア戦争はもう何年も続いている。去年のライブ8がマドンナの独壇場になったときもマライアは怒り狂っていたよ」とのこと。

 それでもマドンナのステージが今年のグラミー最大の見所のひとつだったことは間違いないだろう。


[Female First] 2/8/2006

マライア・キャリー、売春婦の姉のスキャンダル発覚を恐れる
マライア・キャリー、ライブ8に向け減量中!
マライア・キャリー、エルヴィスが見えてきた!
マドンナ、ゴリラズと共演
デイモン・アルバーン、ゴリラズは俺だ!
ブラーのデイモン・アルバーン、自意識を封印

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。