スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

マービン・ゲイの映画制作へ

  1. 2006.02.09 (Thu) 00:05
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
ジェシー・L・マーティン
   
   

 ドラマシリーズ『ロー&オーダー(Law And Order)』のジェシー・L・マーティン(Jesse L. Martin)が、新作映画『セクシャル・ヒーリング(Sexual Healing)』でマービン・ゲイ(Marvin Gaye)を演じることになった。

 『Sexual Healing』、『What’s Going On』、『I Heard It Through The Grapevine』といった名曲でおなじみのマーヴィン・ゲイは、1984年の彼の45歳の誕生日前日に実父に射殺された。この作品では、麻薬問題や所属レコード会社モータウンとの争いを抱えたゲイがヨーロッパに滞在していた時期に焦点をあてることになる。

 ローレン・グッドマン(Lauren Goodman)監督はハリウッド・レポーター・マガジンに対し、「彼は卓越した素晴らしい声の持ち主というだけでなく、生命力を証明して見せた。映画監督として、彼のような志半ばで倒れた人物を描くことにやりがいを感じている。彼はマイクを持つたび、自分の欠点や弱み、非凡な優雅さを歌で表現したんだ」と語っている。

 ゲイに関する作品はこれまでも何度か制作の声が挙ったが、その都度頓挫してきたという経緯がある。『セクシャル・ヒーリング』も本来はマーヴィン・ゲイの一生を描くストーリーのはずだったが、モータウンとの権利問題で計画が変更されている。


[Female First] 2/7/2006

R・ケリー、マービン・ゲイの免許を取得

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。