スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ポール・ウェラー、ブリットアワード受賞者をこき下ろす

  1. 2006.02.05 (Sun) 23:53
  2. 音楽
  3. Trackback(s). 0
ポール・ウェラー
   
   

 ブリットアワード功労賞を受賞することが決定したポール・ウェラー(Paul Weller)が過去の受賞者たちをこき下ろしている。

 最近ジェイムス・ブラント(James Blunt)を酷評したばかりのウェラー、今回のターゲットとなったのはチャリティに精を出している元ブームタウンラッツ(Boomtown Rats)ボブ・ゲルドフ(Bob Geldof)スティング(Sting)、そしてクイーン(Queen)のフロントマンだった故フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)だ。

 「ボブ・ゲルドフが受賞した理由は何なんだ。まさか彼の音楽じゃあないだろうな。彼のアフリカに対する功績については誰も文句は言わないよ。でも、ブームタウン・ラッツだぜ、まいるよな」。

 そして元ポリス(Police)のスティングについては、「とにかく嫌な奴だ。俺の趣味じゃないね。まったくのクズだ。エッジもなければ姿勢も感じられない。とにかく何にもないよ」という調子。1991年にエイズで死亡したフレディ・マーキュリーに対しては少々お手柔らかではあるが、「彼は生前ワーキングクラスにバレエを持ち込みたいと言っていたんだ。女々しいやつだよ」とのこと。

 ウェラーは2月15日にロンドンで開催される授賞式で数曲を披露することになっている。


[Contact Music] 2/4/2006

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。