スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

モーガン・フリーマン、新作でデューク・エリントン

  1. 2006.02.04 (Sat) 22:03
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
モーガン・フリーマン
   
   

 モーガン・フリーマン(Morgan Freeman)が新作『ジャズ・アンバサダーズ(Jazz Ambassasors)』で伝説のジャズミュージシャン、デューク・エリントン(Duke Ellington)を演じることになった。

 この作品は、エリントンが敵国ツアーを行う際、米国政府がスパイを彼の側近として潜り込ませたという陰謀を描くもの。1963年のイラクでのツアーでサダム・フセインが政権を握る結果をもたらしたCIAによるクーデターを中心に語られ、若かりし頃エリントンのバンドに参加していたという元米政府高官のトム・シモンズ氏が制作協力をする。

 果たしてエリントン自身がこの計画を知っていたのか、認識していたとすれば一体いつから彼のオーケストラが計画に加担していたのかを作品中で明らかにするとのこと。


[Contact Music] 2/3/2006

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。