スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ディズニー、ピクサー買収へ!?

  1. 2006.01.20 (Fri) 00:09
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
ピクサーロゴ
   
   

 エンターテイメント界に君臨するウォルト・ディズニー社(Walt Disney Co.)が以前パートナー関係にあったピクサー・アニメーション・スタジオ(Pixar Animation Studios)買収の交渉に入っている。

 本日1月19日のウォールストリートジャーナル誌によると、ディズニー社の役員らは現在6,700万ドルというピクサーの市場価値にいくらかのプレミアムをつけて支払うことを考慮しているという。

 この取引が成立すれば、ピクサーCEOのスティーブ・ジョブス(Steve Jobs)氏がディズニー社最大の個人株保有者となる。

 ディズニーとピクサーは1990年初頭に提携を結び、『トイストーリー(Toy Story)1&2』、『バグズ・ライフ(A Bug's Life)』、『モンスターズ・インク(Monster's Inc)』、『ファインディング・ニモ(Finding Nemo)』、そして、『Mr.インクレディブル(The Incredibles)』と次々と大ヒット作を連発した後、2004年、前ディズニー会長マイケル・アイズナー(Michael Eisner)氏との確執をきっかけに、ピクサーCEOであるジョブス氏より提携の解消が発表された。

 両社は現在以前の契約に基づいてコスト分担をしており、上記ピクサー作品に関しての続編制作の権利はディズニーが有している。

[Contact Music] 1/19/2006

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。