スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

スカーレット・ヨハンソン、「浮気は仕方がない」

  1. 2005.12.26 (Mon) 23:50
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
スカーレット・ヨハンソン
   
   

 『マッチ・ポイント(Match Point)』でジョナサン・リース・マイヤーズ(Jonathan Rhys Meyers)と共演、現在ジョシュ・ハートネット(Josh Hartnett)と交際中の金髪美人スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)が、近親相姦的なハリウッドで、セクシーな俳優たちに囲まれて演技をしていれば浮気心が芽生えるのは仕方がないと発言している。

 「人間という種はそもそも一夫一婦制にはむいていない」とするヨハンソンは、「誰かとの関係を維持し続けるにはかなりの努力が必要ね。人はどんな理由であれ浮気をするし、特に俳優同士で電話で話すだけの関係にとどまっていることは惨めなだけ。かなり大変よ」と語っている。

 また、「とてもセクシーな俳優とセクシーな映画の中でラブシーンを演じる時に、恋人に向かって『私が愛しているのはあなたよ。誰かとベッドの上で演技をしている時だってあなたのことを想っている』なんてなかなか言えない」とし、「撮影現場はかなり近親相姦的な場所よ。つまりメイク係と関係を持った撮影監督は衣装係とも当然寝ているということ」とも述べている。


[Female First] 12/25/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。