スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

サラ・ジェシカ・パーカー、子供時代の惨めなクリスマスの思い出

  1. 2005.12.01 (Thu) 23:40
  2. セレブ・ゴシップ
  3. Trackback(s). 0
サラ・ジェシカ・パーカー
   
   

 『セックス・アンド・ザ・シティ(Sex and the City)』でおなじみのサラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker)は貧しい家庭に育ったため、クリスマス・プレゼントを貰えなかったことも多かったという。

 大家族を支えていたパーカーの両親は、いつも家計のやり繰りに苦労をしていたそうだ。「別にお涙頂戴話をするわけではないけれど、幼い頃に毎年クリスマスプレゼントが貰えたわけじゃないの。8人兄弟の中で育ったから、サンタについての真実を知っても大丈夫な年齢に達すると、幼い兄弟のためのプレゼントを包装する役にまわったのよ。それにクリスマスツリーは値引きが始まるイブに買いにいくのが普通だったわ」。

 パーカーには、夫であり俳優のマシュー・ブロデリック(Matthew Broderick)との間に3歳の息子がいるが、彼女は映画界を引退し母親業に専念することを希望しており、「最近、息子と毎日一緒に過ごしているの。学校の送り迎えをしたり、いわゆる母親のやることは全てやっている。こんな幸せな生活はないわ」と語っている。


[Female First] 11/30/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。