スポンサーサイト

  1. --.--.-- (--) --:--
  2. スポンサー広告
  3. Trackbacks (-)|
   
   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事 30 RSS配信

- trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。

ロブ・マーシャル、『SAYURI』原作ファンに気遣い

  1. 2005.11.29 (Tue) 22:41
  2. 映画・演劇
  3. Trackback(s). 0
ロブ・マーシャル
   
   

 アーサー・ゴールディン(Arthur Golden)原作、『SAYURI(Memoirs of A Geisha)』が公開間近となっている監督のロブ・マーシャル(Rob Marshall)は、映画を観た原作のファンが落胆するのではないかと不安を覗かせている。

 『シカゴ(Chicago)』の監督として知られるマーシャルは、1998年に発売されベストセラーとなった『SAYURI』の脚色にあたって、世界中の読者が彼の作品解釈が受け入れられることを願っているといい、28日に行われた東京でのワールド・プレミアで、「こんなにも愛されている小説の映画化を手がけるのは非常に怖かった。特に西洋では芸者について誤った解釈をしている部分が少なからずあると思う。この作品がそういった誤解を解くことになれば良い」と述べた。

また、チャン・ツィイー(Ziyi Zhang)演じるさゆりを導く先輩芸者、豆葉役のミシェル・ヨー(Michelle Yeoh)も、「芸者の伝統を尊重し、その世界を正しく表現しようと全員がかなり努力した」と語っている。


[Contact Music] 11/26/2005

最新記事 30 RSS配信

0 trackback(s) on this article.

TRACKBACK URL

スパムトラックバック回避のため、トラックバック受信の際この記事のURL(参照リンク)が含まれているか自動的にチェックされます。無い場合はトラックバックすることが出来ません。ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。